メニュー

蕁麻疹

蕁麻疹とは

蕁麻疹(じんましん)は、皮膚の表面に発生するかゆみを伴う発疹の一種です。一般的には、赤く盛り上がった斑点や丘疹(きゅうしん)が皮膚上に現れ、周囲が膨らんでいるような見た目を持ちます。蕁麻疹は一時的なものであり、数時間から数日で消失することがありますが、場合によっては長期間続くこともあります。

蕁麻疹は、アレルギー反応や免疫系の異常によって引き起こされることがあります。刺激物やアレルゲンに対する過敏反応によって、体内のヒスタミンという物質が放出され、血管が拡張し、かゆみや発疹が現れます。

蕁麻疹は一般的な症状としてかゆみが強く現れるため、患部をかきむしることで症状を悪化させる場合があります。また、蕁麻疹は突発的に現れることが多く、原因を特定するのが難しい場合もあります。

蕁麻疹は一般的な疾患であり、大部分の場合は自然に治癒します。しかし、症状が重度で長期間続く場合や再発する場合は、早めに当院皮膚科にご相談ください。

 

蕁麻疹の定義と特徴

蕁麻疹は、皮膚の表面に発生するかゆみを伴う発疹の一種です。

定義:

  • 蕁麻疹は、皮膚の一部または全体に赤く盛り上がった斑点や丘疹が現れ、かゆみを伴う状態を指します。
  • 一時的な発疹であり、数時間から数日で消失することが一般的ですが、長期間続く場合もあります。

特徴:

  • 蕁麻疹は一般的に赤く盛り上がった斑点や丘疹が皮膚上に現れます。これらの発疹は一部の場合には群れをなし、周囲が膨らんでいるように見えることがあります。
  • かゆみが非常に強く、患部をかきむしることでかゆみがさらに悪化することがあります。
  • 蕁麻疹は、局所的な部位に発生することもありますが、体全体に広がる場合もあります。
  • 発疹は一時的であり、新しい発疹が現れたり、既存の発疹が消失したりすることがあります。

蕁麻疹は一般的な症状として現れるため、多くの場合は自然に治癒します。しかし、症状が重度で長期間続く場合や再発する場合は、早めに当院皮膚科にご相談ください。

 

蕁麻疹の症状とは?
  1. 発疹: 蕁麻疹では、皮膚の一部または全体に赤く盛り上がった斑点や丘疹が現れます。これらの発疹は一部の場合には群れをなし、周囲が膨らんでいるように見えることがあります。発疹は一時的であり、新しい発疹が現れたり、既存の発疹が消失したりすることがあります。

  2. かゆみ: 蕁麻疹は通常、強いかゆみを伴います。かゆみは患部をかきむしることで悪化することがあります。かゆみの程度は個人によって異なりますが、強烈で我慢しにくい場合もあります。

  3. 膨満感や灼熱感: 蕁麻疹の発疹が現れた部位には膨満感や灼熱感が生じることがあります。この症状は個人差がありますが、しばしば発疹が現れた部位が熱く感じられることがあります。

  4. 浮腫: 蕁麻疹の発疹が現れる部位には軽度の浮腫が見られることがあります。発疹の周囲が膨らんでいるように見えることがあります。

  5. 悪寒や発熱: 重度の蕁麻疹では、一部の場合には悪寒や発熱が伴うことがあります。これは症状の重症度によって異なり、軽度の蕁麻疹では起こりにくいです。

蕁麻疹の症状は個人差があり、症状の程度や持続期間も異なることがあります。症状が長期間続く場合や重篤な症状が現れる場合は、早めに当院皮膚科にご相談ください。

 

蕁麻疹のアレルギー関連の特徴

蕁麻疹は、アレルギー反応が引き起こす可能性があります。

  1. 接触アレルギー: 特定の物質や物理的な刺激に対するアレルギー反応が蕁麻疹を引き起こすことがあります。例えば、特定の薬物、化粧品、食品、植物などに接触した際に蕁麻疹が現れることがあります。

  2. 食物アレルギー: 特定の食品に対するアレルギー反応が蕁麻疹を引き起こすことがあります。一部の食品アレルギーによって、蕁麻疹が全身に広がることがあります。

  3. 薬物アレルギー: 特定の薬物に対するアレルギー反応が蕁麻疹を引き起こすことがあります。特定の薬物を服用した後に、全身的な蕁麻疹が現れることがあります。

  4. アレルギー性鼻炎や喘息との関連: 蕁麻疹は、アレルギー性鼻炎や喘息と関連して現れることがあります。これらの状態が同時に存在する場合、アレルギーの原因物質によって蕁麻疹が発生する可能性があります。

アレルギー関連の蕁麻疹は、特定の刺激や物質に対する過敏な免疫反応によって引き起こされます。アレルギーの原因物質を特定し、それを避けることが蕁麻疹の予防や管理に役立ちます。症状が繰り返し現れる場合や重症な場合は、アレルギーの検査や適切な治療を受けることが重要です。

 

蕁麻疹の原因とは?

蕁麻疹の原因は様々ですが、一般的には以下のような要因が関与しています。

  1. アレルギー反応: 蕁麻疹は、アレルギー反応によって引き起こされることがあります。特定の食品、薬物、虫刺され、花粉、ダニなど、個人の免疫系が過剰反応することで蕁麻疹が発生する場合があります。

  2. 物理的な刺激: 皮膚への物理的な刺激も蕁麻疹の原因となることがあります。例えば、冷たい水、熱、圧力、摩擦、振動などが皮膚に加わることで蕁麻疹が現れることがあります。

  3. 感染症: 特定の感染症やウイルス感染が蕁麻疹を引き起こすことがあります。例えば、風疹、水痘、感冒、細菌感染などが蕁麻疹を伴うことがあります。

  4. 自己免疫疾患: 自己免疫疾患によって免疫系が正常な組織を攻撃することで蕁麻疹が現れることがあります。自己免疫性蕁麻疹や全身性エリテマトーデスなどの疾患がこれに該当します。

  5. ストレスや情緒的な要因: ストレスや情緒的な要因も蕁麻疹を誘発する可能性があります。ストレスや不安が身体の免疫応答を変化させ、蕁麻疹が現れることがあります。

蕁麻疹の個別の原因は、個人によって異なる場合があります。原因を特定するためには、症状の経過やトリガーの特定を医師と相談することが重要です。

 

アレルギー性蕁麻疹の原因

アレルギー性蕁麻疹は、アレルゲンと呼ばれる物質に対する過敏反応によって引き起こされる蕁麻疹の一種です。以下に代表的なアレルゲンとその原因をいくつか挙げます。

  1. 食物アレルギー: 特定の食品に対する過敏反応がアレルギー性蕁麻疹を引き起こすことがあります。代表的な食品アレルゲンとしては、卵、乳製品、魚介類、ナッツ、大豆、小麦などがあります。

  2. 薬物アレルギー: 特定の薬物に対してアレルギー反応が起こり、蕁麻疹が現れることがあります。一般的な薬物アレルゲンとしては、抗生物質(ペニシリンやセフェム系)、非ステロイド性抗炎症薬(アスピリンやイブプロフェン)、麻酔薬などがあります。

  3. 虫刺され: 虫の刺咬や刺し針によるアレルギー反応が蕁麻疹を引き起こすことがあります。蚊、ハチ、アシナガバチなどの虫刺されが原因となることがあります。

  4. 花粉アレルギー: 花粉に対する過敏反応が蕁麻疹を引き起こすことがあります。春や夏に花粉が飛散する季節性アレルギー性蕁麻疹が代表的です。

アレルギー性蕁麻疹の場合、免疫系が誤って特定の物質を異物とみなし、過剰な免疫反応を起こします。その結果、ヒスタミンやその他の化学物質が放出され、血管の拡張や炎症が引き起こされ、蕁麻疹の症状が現れるのです。ただし、個人のアレルゲンへの反応は個別に異なるため、具体的な原因を特定するためには医師の診断が必要です。

 

物理的な刺激による蕁麻疹の原因

蕁麻疹は、アレルギー反応以外にも物理的な刺激によって引き起こされる場合があります。これらの刺激によって発生する蕁麻疹は、物理的蕁麻疹または物理的刺激性蕁麻疹と呼ばれています。以下に代表的な物理的刺激とその原因をいくつか挙げます。

  1. 圧力性蕁麻疹: 皮膚に圧力がかかることによって引き起こされる蕁麻疹です。例えば、ベルトやウエストバンドの圧迫、重い荷物の持ち上げ、座っている時間の長さなどが原因となります。

  2. 冷凍蕁麻疹: 皮膚が冷えることによって引き起こされる蕁麻疹です。冷たい水、冷たい飲み物、冷たい天候などが原因となることがあります。

  3. 熱蕁麻疹: 皮膚が加熱されることによって引き起こされる蕁麻疹です。熱いシャワーや入浴、熱い飲み物、湯たんぽなどが原因となります。

  4. 日光蕁麻疹: 日光によって引き起こされる蕁麻疹です。紫外線に過敏な反応を示すことによって発生します。

  5. 振動性蕁麻疹: 体の一部が振動することによって引き起こされる蕁麻疹です。例えば、乗り物の揺れや激しい運動によって発生することがあります。

物理的蕁麻疹は、刺激が加わった部位に蕁麻疹が現れる特徴があります。刺激がなくなると症状も軽減する傾向がありますが、症状の出現や重症化を予防するためには、刺激を避けることが重要です。ただし、物理的蕁麻疹の診断と管理には医師の指導が必要です。

 

接触性蕁麻疹の原因

接触性蕁麻疹は、特定の物質や物理的な刺激に直接接触したことによって引き起こされる蕁麻疹です。以下に代表的な接触性蕁麻疹の原因をいくつか挙げます。

  1. 接触皮膚炎: 特定の物質にアレルギー反応を起こすことによって引き起こされる蕁麻疹です。例えば、金属(ニッケル)、化粧品、洗剤、染料、植物(イヌネムリなど)、毛皮、ラテックス製品などが原因となることがあります。

  2. 接触冷凍蕁麻疹: 冷たい物体や冷たい環境に直接接触することによって引き起こされる蕁麻疹です。例えば、冷たい金属、冷たい飲み物、冷たい水などが原因となります。

  3. 接触熱蕁麻疹: 熱い物体や熱い環境に直接接触することによって引き起こされる蕁麻疹です。例えば、熱い金属、熱い飲み物、熱い水などが原因となります。

  4. 接触光線蕁麻疹: 特定の光に直接接触することによって引き起こされる蕁麻疹です。例えば、紫外線、赤外線、可視光線などが原因となります。

  5. 接触圧力蕁麻疹: 特定の圧力や摩擦に直接接触することによって引き起こされる蕁麻疹です。例えば、服の締め付け、ベルトやウエストバンドの圧迫、靴の摩擦などが原因となります。

接触性蕁麻疹は、特定の刺激に直接反応するため、刺激から遠ざかることで症状が改善する傾向があります。原因物質の特定や避け方については、医師の指導を受けることが重要です。

 

蕁麻疹のタイプと分類

急性蕁麻疹と慢性蕁麻疹の違い

急性蕁麻疹と慢性蕁麻疹は、症状の持続期間や原因の違いによって区別されます。

急性蕁麻疹:

  • 症状の持続期間: 急性蕁麻疹は、一過性の症状であり、数時間から数週間続くことがあります。
  • 原因: 急性蕁麻疹は、アレルギー反応や感染症、特定の食物や薬物の摂取など、一時的な刺激によって引き起こされることがあります。
  • 症状の特徴: 突然発症し、赤い蕁麻疹や腫れが皮膚上に現れます。かゆみや刺激感も伴います。

慢性蕁麻疹:

  • 症状の持続期間: 慢性蕁麻疹は、通常6週間以上続く持続性の症状です。一般的には数か月から数年にわたって持続することがあります。
  • 原因: 慢性蕁麻疹の原因は明確にはわかっていませんが、自己免疫の異常が関与している可能性があります。特定のトリガーがなくても症状が持続することが特徴です。
  • 症状の特徴: 慢性蕁麻疹は、再発性の赤い蕁麻疹や腫れが皮膚上に現れます。かゆみや刺激感があり、症状は一定期間続きます。

急性蕁麻疹は一時的な刺激によって引き起こされ、通常は短期間で自然に解消します。一方、慢性蕁麻疹は持続的な症状を示し、症状の原因が明確に特定されない場合があります。どちらの場合も、適切な診断と治療が必要です。

 

特発性蕁麻疹とアレルギー性蕁麻疹の違い

特発性蕁麻疹とアレルギー性蕁麻疹は、症状の原因や特徴において異なります。

特発性蕁麻疹:

  • 原因: 特発性蕁麻疹は、特定の外部刺激やアレルゲンによる反応ではなく、原因が明確に特定できない状態です。自己免疫の異常が関与している可能性があります。
  • 症状の特徴: 特発性蕁麻疹は、再発性の赤い蕁麻疹や腫れが皮膚上に現れます。かゆみや刺激感があり、症状は数時間から数日間続くことがあります。

アレルギー性蕁麻疹:

  • 原因: アレルギー性蕁麻疹は、特定のアレルゲン(花粉、食物、医薬品など)に対する過敏反応によって引き起こされます。免疫系の過剰な反応がアレルギー性蕁麻疹の原因となります。
  • 症状の特徴: アレルギー性蕁麻疹は、特定のアレルゲンに暴露された後に赤い蕁麻疹や腫れが現れます。かゆみや刺激感も伴い、症状は数時間から数日間続くことがあります。

特発性蕁麻疹は原因が不明であるため、アレルギー検査や特定の刺激物の特定は困難です。一方、アレルギー性蕁麻疹では、特定のアレルゲンに対するアレルギー反応が確認されることがあります。

 

蕁麻疹の症状と診断方法

蕁麻疹の一般的な症状

蕁麻疹の一般的な症状には以下のようなものがあります。

  1. 赤い発疹:突然現れる赤い発疹(蕁麻疹)が皮膚上に現れます。これらの発疹は一般的に円形または楕円形で、周囲が赤く盛り上がっていることがあります。

  2. 蕁麻疹の腫れ:発疹部分は腫れることがあります。腫れは一時的であり、通常は数時間から数日で解消されます。

  3. 強いかゆみ:蕁麻疹は非常にかゆいことがあります。かゆみは患部を掻くことで一時的に緩和される場合がありますが、掻くとさらに刺激が増す可能性があるため、注意が必要です。

  4. 発疹の移動:蕁麻疹はしばしば移動します。新しい発疹が現れ、古い発疹が消えることがあります。これらの発疹は体のさまざまな部位に現れることがあります。

  5. 一過性の症状:蕁麻疹は通常、一時的な症状であり、数時間から数日で自然に消失することがあります。ただし、慢性蕁麻疹の場合は長期間続くことがあります。

これらの症状は蕁麻疹の一般的な特徴ですが、個人によって症状の程度や継続期間は異なる場合があります。蕁麻疹の症状が重度で持続的な場合は、当院皮膚科にご相談ください。

 

蕁麻疹の特徴的な発疹
  1. 紅斑(こうはん): 蕁麻疹の発疹は通常、皮膚上に赤い斑点や斑塊(はんかい)として現れます。これらの紅斑は一般的に円形または楕円形で、周囲が赤く盛り上がっています。

  2. 蕁麻(じんま): 発疹部分は一時的に蕁麻(じんま)と呼ばれる腫れや盛り上がりを示すことがあります。蕁麻は皮膚の表面で明瞭に見ることができ、軽い圧力で消えたり、新たな蕁麻が現れたりすることがあります。

  3. 変動性: 蕁麻疹の発疹はしばしば移動します。新しい発疹が現れる一方で、古い発疹が消えることがあります。これにより、発疹の配置や形状が時間とともに変化することがあります。

  4. 密集: 蕁麻疹の発疹は密集して現れることがあります。複数の発疹が隣り合って形成され、大きな発疹パッチや帯状の発疹ができることもあります。

  5. 受圧性: 発疹部分に軽い圧力を加えると、発疹が一時的に消失することがあります。しかし、圧力を解除すると再び発疹が現れる場合があります。

これらの特徴的な発疹は蕁麻疹の典型的な症状であり、他の皮膚疾患と区別するのに役立ちます。ただし、蕁麻疹の症状は個人によって異なる場合があり、症状の程度やパターンは異なることがあります。もし疑いがある場合は、当院皮膚科にご相談ください。

 

浮腫(むくみ)の出現

蕁麻疹において、浮腫(むくみ)の出現は比較的一般的な症状の一つです。浮腫は、皮膚や粘膜の組織が過剰に体液を保持し、腫れる状態を指します。

蕁麻疹による浮腫は、発疹部分やその周囲で起こることがあります。具体的には、蕁麻疹の発疹が形成される際に、周囲の組織にも浮腫が生じることがあります。この浮腫は通常、発疹と同時に現れるか、または発疹が発生する前に浮腫が起こることもあります。

浮腫による腫れは、触ると柔らかく、圧力を加えると一時的に凹むことが特徴です。浮腫の程度は個人によって異なり、軽度な場合は目立たない腫れとして現れることもありますが、重度の場合は顔や手足などの部位が著しく腫れ上がることもあります。

浮腫は、アレルギー反応による血管の拡張や血管透過性の亢進によって引き起こされます。アレルギー性蕁麻疹の場合、免疫系の反応が関与し、ヒスタミンなどの炎症物質の放出が浮腫の一因となります。

蕁麻疹に伴う浮腫は通常、他の症状と共に出現し、一般的には一時的なものです。しかし、蕁麻疹が慢性的な場合や重症化する場合、または顔や喉の浮腫が生じる場合は、当院皮膚科にご相談ください。

 

蕁麻疹の診断方法

医師による身体診察と問診
アレルギー検査の実施

蕁麻疹の診断は、主に症状と身体の評価に基づいて行われます。

  1. 症状の詳細な聴取: 患者様から蕁麻疹の発症経緯や症状の特徴についての情報を収集します。症状の出現の仕方、発疹の形状や分布、かゆみの程度など、具体的な情報を提供してください。

  2. 身体の視察: 皮膚を視察し、蕁麻疹の発疹や浮腫の有無、その特徴や分布を確認します。他の皮膚疾患やアレルギー反応との鑑別も行います。

  3. 追加の検査: 蕁麻疹の原因が明確でない場合や、アレルギーによる蕁麻疹を疑う場合には、追加の検査を行うことがあります。一般的な検査には血液検査が含まれます。これにより、アレルギー反応や他の可能性のある原因の特定が行われます。

ただし、蕁麻疹の多くの場合、特定の原因を特定することは難しいことがあります。特発性蕁麻疹と呼ばれるものは、明確な原因が特定できない場合に使われます。この場合、診断は主に症状と身体の評価に基づいて行われます。

 

蕁麻疹の治療と予防

蕁麻疹の治療方法

蕁麻疹の治療方法は、症状の軽減や炎症の抑制を目指して行われます。

 

抗ヒスタミン薬の使用

蕁麻疹の主な症状であるかゆみや発疹を軽減するために、抗ヒスタミン薬を使用します。これらの薬はかゆみを抑え、発疹の症状を軽減する効果があります。

 

ステロイド外用薬の使用

症状が局所的な場合、特に皮膚の特定の部位に発疹が集中している場合には、ステロイド外用薬を使用します。これらの薬は発疹やかゆみを効果的に治療します。

 

アレルギー対応の治療

特定の刺激物やアレルゲンが蕁麻疹の原因である場合、それらとの接触を避けることが重要です。例えば、特定の食品や薬物に対するアレルギー反応が蕁麻疹を引き起こしている場合は、それらを摂取しないようにする必要があります。

 

蕁麻疹の予防策と生活の注意点

蕁麻疹の原因物質の避け方

蕁麻疹の原因物質を避けるためには、以下の注意点を守ることが重要です。

  1. アレルギーの特定: 自分が何に対してアレルギー反応を起こすのかを特定するため、アレルギー検査を受けることが役立ちます。検査結果に基づいて、特定の食品、薬物、化学物質、接触物質などに対するアレルギー反応を把握します。

  2. 避けるべき物質の特定: アレルギー検査の結果や自身の経験から、具体的に避けるべき物質を特定します。食品アレルギーの場合は、特定の食品や食品添加物を避ける必要があります。接触性蕁麻疹の場合は、特定の薬剤や化学物質、動植物に注意が必要です。

  3. 読み取り・識別: 食品の場合、ラベルや成分表をよく読み、アレルギーのある成分を識別します。化粧品や洗剤などの製品も同様に、成分表を確認し、アレルギーのある成分を避けるようにします。

  4. 交代品の探求: 特定の物質を避ける際には、代替品を探すことも重要です。アレルギーを引き起こす食品の代わりに、アレルギーのない食材を使用した料理を試したり、刺激物が含まれていない製品を選択したりします。

  5. 環境の管理: 接触性蕁麻疹の場合、特定の動植物や化学物質に触れる機会を減らすために、環境を管理する必要があります。例えば、害虫駆除や花粉の季節には注意が必要です。

蕁麻疹の原因物質を避けることで、症状の発現や悪化を予防することができます。

 

快適な生活環境の整備

蕁麻疹における快適な生活環境を整えるためには、以下のポイントに注意することが重要です。

  1. 温度と湿度の管理: 温度や湿度の変化が蕁麻疹の症状を悪化させることがあります。快適な温度と湿度を保つために、室内の温度や湿度を調節するようにしましょう。特に乾燥した環境では加湿器を使用することが役立ちます。

  2. 衣類の選択: 着る衣類にも注意が必要です。かゆみや刺激を引き起こす可能性がある合成繊維や粗い素材を避け、肌にやさしい天然繊維の衣類を選ぶようにしましょう。また、洗濯物にも注意を払い、刺激の少ない洗剤を使用して清潔に保ちましょう。

  3. 環境の清潔さ: 室内や居住空間を清潔に保つことも重要です。埃やハウスダスト、カビなどがアレルギー反応を引き起こすことがありますので、定期的な掃除や換気を行いましょう。また、ペットの毛やダニにも注意し、必要に応じて掃除やケアを行います。

  4. ストレス管理: ストレスは蕁麻疹の症状を悪化させる要因の一つとされています。適切なストレス管理を行うために、リラックス法やストレス軽減の方法を取り入れましょう。例えば、瞑想やヨガ、趣味に没頭するなど、自分に合った方法を見つけて実践してください。

  5. アレルゲンの除去: アレルギー反応を引き起こす可能性のあるアレルゲンをできる限り除去することも重要です。例えば、食品アレルギーの場合は特定の食品を避けるようにし、接触性蕁麻疹の場合はアレルギーを引き起こす化学物質や物質に注意します。

これらの対策を組み合わせることで、蕁麻疹の症状を軽減し、より快適な生活環境を整えることができます。ただし、個人の状況や症状によって適切な対策は異なるため、早めに当院皮膚科にご相談ください。

 

蕁麻疹でよくある質問と回答

Q: 蕁麻疹はどのような症状ですか?

A: 蕁麻疹は、かゆみや赤い腫れた発疹(蕁麻疹)が体のあちこちに現れる皮膚の症状です。発疹はしばしば円形または楕円形で、触れると一時的に消えたり移動したりすることがあります。

 

Q: 蕁麻疹はどのような原因で起こるのですか?

A: 蕁麻疹は、アレルギー反応、免疫系の過剰反応、感染、ストレス、物理的な刺激(圧力、摩擦、温度など)などさまざまな原因によって引き起こされることがあります。特定の食品、薬物、虫刺されなどが原因となることもありますが、一部の場合では原因が特定できないこともあります。

 

Q: 蕁麻疹は伝染するのでしょうか?

A: 蕁麻疹自体は伝染しません。蕁麻疹は個人の免疫反応や刺激によって引き起こされるものであり、他の人に直接感染するわけではありません。

 

Q: 蕁麻疹の治療方法はありますか?

A: 蕁麻疹の治療方法には、かゆみや炎症を緩和するための抗ヒスタミン薬やステロイド軟膏の使用が一般的です。また、原因となる刺激物やアレルゲンの特定・回避も重要です。

 

Q: 蕁麻疹は完治するのでしょうか?

A: 多くの場合、蕁麻疹は一時的な症状であり、治療や適切なケアによって症状が改善されます。しかし、一部の慢性蕁麻疹の場合、症状が長期間続くことがあります。蕁麻疹の完全な治癒を目指すためには、原因の特定やトリガーの回避、継続的な治療が重要です。

 

いかがでしたでしょうか。

原因不明の皮膚の腫れやかゆみ、定期的な蕁麻疹でお悩みの方は、当院にてご相談ください。

このコラムの監修者

頴川博芸 エガワ ヒロキ

浅草橋西口クリニックMo

【経歴】
2016年 東海大学医学部医学科 卒業
2016年 順天堂大学医学部附属静岡病院 臨床研修医室
2017年 順天堂大学大学院医学研究科医学専攻(博士課程) 入学
2018年 順天堂大学医学部附属順天堂医院 消化器・低侵襲外科
2021年 順天堂大学大学院医学研究科医学専攻(博士課程) 修了
2021年 越谷市立病院 外科
2022年 順天堂大学医学部附属練馬病院 総合外科・消化器外科
2023年 順天堂大学医学部附属順天堂医院 食道・胃外科
2024年 浅草橋西口クリニックMo院長就任

【資格】
日本専門医機構認定 外科専門医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
日本旅行医学会 認定医
東京都難病指定医
東京都認知症サポート医
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本温泉気候物理医学会
日本腹部救急医学会
日本大腸肛門病学会
順天堂大学医学部附属順天堂医院 食道・胃外科 非常勤医師

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME