メニュー

胃腸炎

胃腸炎

胃腸炎の定義とは

胃腸炎は、胃や小腸の炎症を指します。具体的には、胃や小腸の粘膜が炎症を起こし、胃腸の機能や健康に影響を与える状態を指します。胃腸炎は一般的には急性的な症状を示し、下痢、腹痛、嘔吐などの消化器症状が現れることがあります。

胃腸炎の原因は、主にウイルスや細菌による感染、食べ物中の有害物質の摂取、アレルギー反応、ストレスなどが考えられます。また、季節性の胃腸炎や集団感染といった特定の状況や環境下での感染もあります。

胃腸炎は一般的に自己限定的な疾患であり、症状は通常1週間から数週間で改善する傾向があります。ただし、重篤な場合や長期間続く場合は医療機関の受診が必要です。

胃腸炎の定義は広範であり、病状や原因によって異なる場合もあります。医療機関による詳しい診断と適切な治療が必要です。

 

胃腸炎の主な原因

胃腸炎の主な原因は、以下のような要因が関与しています。

  1. ウイルス感染: ノロウイルスやロタウイルスなどのウイルスが最も一般的な胃腸炎の原因です。感染は感染者や感染物との接触、汚染された食品や水の摂取によって広がることがあります。

  2. 細菌感染: 特定の細菌、例えばサルモネラやカンピロバクターなどが胃腸炎を引き起こすことがあります。これらの細菌は食品からの摂取による感染が一般的です。

  3. 寄生虫感染: 寄生虫感染も胃腸炎の原因となることがあります。例えば、ジアルジアやクリプトスポリジウムといった寄生虫が関与することがあります。

  4. 食中毒: 食品中に含まれる有害な細菌や毒素によって引き起こされる食中毒も、胃腸炎の一因となります。

  5. アレルギー反応: 特定の食品や物質に対するアレルギー反応が原因で胃腸炎が発生することがあります。

  6. 化学物質摂取: 薬物や有害な化学物質の摂取によって、胃や腸の炎症が引き起こされることがあります。

  7. ストレスや不適切な食生活: 長期間のストレスや不適切な食生活(食べ過ぎ、脂っこい食事など)が、胃や腸の機能を妨げ、炎症を引き起こすことがあります。

胃腸炎の原因は多岐にわたりますが、感染予防、適切な衛生習慣、食品の適切な処理などを実践することでリスクを軽減することができます。

 

胃腸炎の症状と進行

胃腸炎の症状は個人によって異なる場合がありますが、一般的には以下のような症状が現れることがあります。

  1. 腹痛: 腹部の不快感や痛みが現れることがあります。痛みの程度は軽度から激しいものまで様々です。

  2. 下痢: 緩い便や水様の便が頻繁に出ることがあります。下痢の程度や頻度は人によって異なります。

  3. 嘔吐: 胃の内容物が口から出ることがあります。嘔吐は胃腸炎の主な症状の一つであり、特にウイルス感染による場合に頻繁に見られます。

  4. 悪寒や発熱: 胃腸炎によって体温が上昇し、発熱や悪寒感が現れることがあります。これは免疫系の反応によるものです。

  5. 全身のだるさ: 胃腸炎によって体力が低下し、全身にだるさや疲労感が現れることがあります。

  6. 食欲不振: 胃腸炎によって食欲が低下し、食事が摂りづらくなることがあります。

胃腸炎の進行は症状の重さや個人の免疫状態によって異なります。一般的には急性的な状態で発症し、数日から数週間で自然と改善する傾向があります。ただし、重症な場合や長期間症状が持続する場合は、医療機関の診断と適切な治療が必要です。また、脱水症状や電解質のバランスの乱れなどの合併症にも注意が必要です。早めの適切なケアが症状の緩和や回復を促すことができます。

 

胃腸炎の種類と特徴

胃腸炎にはいくつかの異なる種類があります。主な胃腸炎の種類とそれぞれの特徴を以下に示します。

  1. ウイルス性胃腸炎: ウイルスによって引き起こされる胃腸炎で、主にノロウイルスやロタウイルスが原因となります。感染力が高く、嘔吐や下痢が主な症状として現れます。通常は自己制限的で数日から1週間で症状が改善します。

  2. 細菌性胃腸炎: 細菌によって引き起こされる胃腸炎で、主な原因としてはサルモネラ菌や大腸菌などがあります。食中毒が一般的な原因となります。下痢、腹痛、発熱などの症状が現れます。治療には抗生物質が必要な場合があります。

  3. 寄生虫性胃腸炎: 寄生虫によって引き起こされる胃腸炎で、主な原因としてはコケシやランブル鞭毛虫などがあります。感染経路は主に水や食物です。下痢や腹痛、吐き気などの症状が見られます。適切な抗寄生虫薬による治療が必要です。

  4. 化学性胃腸炎: 化学物質や薬物の摂取によって引き起こされる胃腸炎です。アルコールや一部の薬物、化学物質によって胃腸の炎症が起こります。吐き気、腹痛、食欲不振などの症状が現れます。原因物質の避け方や対症療法が行われます。

これらの胃腸炎の種類は、それぞれ異なる原因や症状を持ちます。正確な診断は医療機関による評価が必要です。適切な治療法は原因に基づいて選択されるため、症状が続く場合や重症な場合は当院内科にご相談ください。

 

胃腸炎の症状と治療法

胃腸炎の一般的な症状

  1. 腹痛: 腹部の不快感や痛みがあります。軽度から激しい痛みまでさまざまな程度があります。

  2. 吐き気: 食欲不振や嘔吐感があります。特に食事の後や胃が空の状態で症状が現れることが多いです。

  3. 下痢: 一日に複数回の軟便や水様便が続くことがあります。一般的には感染性の胃腸炎で起こります。

  4. 嘔吐: 食べたものを吐き出すことがあります。主に感染性の胃腸炎で見られますが、他の原因でも起こることがあります。

  5. 腹部膨満感: 腹部が膨満感や張りを感じることがあります。ガスの蓄積や腸の運動の乱れが原因です。

  6. 発熱: 細菌性やウイルス性の胃腸炎では発熱が見られることがあります。

これらの症状は個人によって異なる場合があり、症状の重さも病状や原因によって異なります。胃腸炎の症状が続く場合や重篤な症状が現れる場合は、当院内科にご相談ください。

 

胃腸炎の診断と検査方法

胃腸炎の診断と検査方法は以下のようなものがあります。

  1. 問診と身体診察: 患者様の症状や身体の状態を詳しく聞き、腹部の触診や聴診を行います。これにより症状の原因を特定し、胃腸炎の可能性を判断することがあります。

  2. 血液検査: 血液検査は、白血球数やC-反応性蛋白などの炎症指標を調べるために行われることがあります。これにより感染性の胃腸炎や炎症性の状態を確認することができます。

 

胃腸炎の治療法と注意点

治療法:

  1. 休息と水分補給: 症状が軽度の場合は、休息をとり十分な水分を摂取することが重要です。水分補給には水やうすめたスポーツドリンク、飲み物に含まれる電解質を補うことが有効です。

  2. 食事の調整: 症状が改善しても、胃腸の負担を軽減するためには食事の調整が必要です。消化のしやすい軽い食事や消化器官に負担をかけない食材を選びましょう。

  3. 症状の緩和薬の使用: 制吐剤や解熱鎮痛薬を適切に使用することで、症状の軽減や快適さの向上が期待できます。

 

注意点:

  1. 感染の予防: 胃腸炎は感染性の疾患であるため、感染を広げないためには適切な手洗いや衛生対策が重要です。特に症状がある間は、周囲の人との接触を避け、感染を広げないようにしましょう。

  2. 症状の悪化や長期化時の医療機関の受診: 症状が重篤化したり、症状が長期間続く場合は、早めに医療機関を受診することが重要です。

  3. 水分摂取の確保: 下痢や嘔吐により水分が失われるため、十分な水分摂取が必要です。水分補給ができない場合や脱水症状が続く場合は、当院内科にご相談ください。

  4. 食事の注意: 症状が重い場合や嘔吐が続く場合は、食事を控えるか、消化のしやすい食事に切り替えることが推奨されます。

重要な注意点として、自己判断や自己処置は避け、医療機関の指示に従うことが必要です。

 

胃腸炎の予防と対策

胃腸炎の感染予防法

胃腸炎の感染予防には以下の対策が重要です。

  1. 適切な手洗い: 手洗いは最も効果的な感染予防策の一つです。こまめに石けんと水を使って手を洗い、20秒以上しっかりと洗うようにしましょう。特にトイレ使用後や食事前に手洗いを行うことが重要です。

  2. 衛生的な食品の取り扱い: 食品を調理する前に手を洗い、生の食材と調理済みの食材を厳密に分けるようにしましょう。食品を十分に加熱し、保存方法にも注意を払いましょう。

  3. 汚染された水の回避: 汚染された水は胃腸炎の原因となる可能性があります。安全な水源からの飲料水の摂取や、水道水を沸騰させて消毒することをおすすめします。

  4. 感染源との接触の回避: 胃腸炎の感染源である患者や感染者との密接な接触を避けることが重要です。特に症状がある人との接触を避けるようにしましょう。

  5. 共有の物品の衛生管理: 共有の物品や表面(ドアノブ、手すりなど)の衛生管理にも注意を払いましょう。定期的な清掃と消毒を行い、感染リスクを低減させることが重要です。

  6. 人ごみの回避: 人ごみや密閉された空間での長時間の滞在は、感染のリスクを高める可能性があります。人混みを避け、十分な換気ができる場所に滞在するよう心がけましょう。

これらの予防策を実践することで、胃腸炎の感染リスクを低減し、健康を守ることができます。ただし、症状が出た場合や感染の疑いがある場合は、早めに当院内科にご相談ください。

 

胃腸炎の特定の状況や年齢層における注意点

子供の胃腸炎と対応策

  1. 水分補給: 胃腸炎の症状である下痢や嘔吐により、子供は水分や電解質を失います。水分補給が非常に重要ですので、水や経口補水液を少量ずつ頻繁に与えましょう。

  2. 食事制限: 胃腸炎の症状が重い場合は、食事を制限する必要があります。嘔吐が続いている場合は、しばらくの間、食事を控えさせましょう。下痢が続く場合は、消化のしやすい食事や消化器を刺激しない食品を与えるようにします。

  3. 休息と快適な環境の提供: 子供は症状により体力を消耗しやすいため、休息をとらせてあげましょう。快適な環境を提供し、安静に過ごせるようにします。

  4. 医療機関の指示に従う: 子供の胃腸炎の対応策については、医療機関の指示に従うことが重要です。処方された薬や食事制限、水分補給量などを守りましょう。また、症状が重い場合や長期間続く場合は、当院内科にご相談ください。

  5. 感染予防の徹底: 胃腸炎は感染症ですので、感染の予防が重要です。子供の周りの衛生状態を保ち、こまめな手洗いや咳エチケットを徹底しましょう。また、子供が感染源とならないよう、他の家族や子供たちとの接触を避けるようにしましょう。

 

胃腸炎と妊娠・授乳期の注意点

妊娠期:

  1. 水分補給: 妊娠中は水分補給が非常に重要です。胃腸炎による嘔吐や下痢によって水分や電解質が失われる可能性がありますので、こまめに水や経口補水液を摂取しましょう。

  2. 食事制限: 妊娠中は胎児の成長に必要な栄養を摂取することが重要ですが、胃腸炎の症状が重い場合は食事を制限する必要があります。消化のしやすい食事や消化器を刺激しない食品を摂取しましょう。

  3. 安静と休息: 胃腸炎の症状が重い場合は、安静に過ごすことが重要です。十分な休息をとり、体力を回復させましょう。

  4. 医療機関の指示に従う: 妊娠中の胃腸炎の対応については、医療機関の指示に従うことが重要です。処方された薬や食事制限、水分補給量などを守りましょう。症状が重い場合や長期間続く場合は、早めに当院内科にご相談ください。

 

授乳期:

  1. 水分補給: 授乳中は十分な水分摂取が必要です。胃腸炎による嘔吐や下痢によって水分や電解質が失われる可能性がありますので、こまめに水や経口補水液を摂取しましょう。

  2. 食事制限: 授乳期間中は母乳の品質を維持するために栄養バランスの取れた食事が重要ですが、胃腸炎の症状が重い場合は食事を制限する必要があります。消化のしやすい食事や消化器を刺激しない食品を摂取しましょう。

  3. 安静と休息: 胃腸炎の症状が重い場合は、授乳中でも安静に過ごすことが重要です。必要に応じて授乳の方法を調整し、体力を回復させましょう。

  4. 医療機関の指示に従う: 授乳期の胃腸炎の対応については、医療機関の指示に従うことが重要です。処方された薬や食事制限、水分補給量などを守りましょう。症状が重い場合や長期間続く場合は、早めに当院内科にご相談ください。

 

高齢者の胃腸炎とケア方法

  1. 水分補給: 高齢者は脱水症状になりやすいため、胃腸炎による嘔吐や下痢の際はこまめな水分補給が重要です。経口補水液や水を少量ずつ摂取しましょう。

  2. 食事制限: 胃腸炎の症状が軽い場合は、普段通りの食事を摂ることができます。しかし、症状が重い場合は消化のしやすい食事や消化器を刺激しない食品を選ぶことが重要です。

  3. 安静と休息: 胃腸炎の症状が重い場合は、安静に過ごすことが大切です。体力を節約し、充分な休息をとることで回復が促されます。

  4. 薬の適切な使用: 高齢者は他の病気や服薬の影響を受けやすいため、薬の使用には注意が必要です。医療機関の指示に従い、処方された薬を正しく使用しましょう。

  5. 衛生管理: 感染性の胃腸炎の場合は、手洗いや衛生管理に特に注意しましょう。自身の手洗いや食品の十分な加熱、清潔な環境の維持などが重要です。

  6. 医療機関の指示に従う: 高齢者の胃腸炎の対応については、医療機関の指示に従うことが重要です。症状が重い場合や長期間続く場合は、早めに当院内科にご相談ください。

 

胃腸炎についてよくある質問と回答

Q: 胃腸炎とは何ですか?

A: 胃腸炎は、胃や腸の炎症を指す総称的な用語で、ウイルスや細菌による感染、食中毒、アレルギー反応などが原因となることがあります。主な症状は嘔吐、下痢、腹痛などです。

 

Q: 胃腸炎はどのように感染するのですか?

A: 胃腸炎は感染性の疾患であり、主に感染した人との接触や感染源となる食品や水の摂取によって広がります。また、ウイルスや細菌が空気中に浮遊し、口から吸入されることもあります。

 

Q: 胃腸炎は移りますか?

A: 胃腸炎は感染性の疾患であり、感染源となるウイルスや細菌が他の人に広がる可能性があります。胃腸炎の感染は、感染者との密接な接触や、感染源となる食品や水の摂取によって起こります。特に、感染者の嘔吐物や下痢物に触れたり、それらが飛散したりすることで感染することがあります。

感染を防ぐためには、適切な手洗いを習慣化し、感染者との接触を避けることが重要です。また、感染が広まっている場所や集団を避けることも予防策の一つです。感染者がいる環境では、感染源となる物品や表面の清潔さにも注意が必要です。

 

Q: 胃腸炎の症状がある場合、どのように対処すればいいですか?

A: 胃腸炎の症状がある場合は、十分な休息と水分補給が重要です。軽い食事や消化のしやすい食品を摂ることも推奨されます。また、医療機関から処方された薬を正しく使用し、安静に過ごしましょう。

 

Q: 胃腸炎はいつ治るのですか?

A: 胃腸炎の症状の持続期間は個人や原因によって異なります。通常は数日から1週間程度で症状が改善し、完全に治癒します。ただし、症状が長引く場合や悪化する場合は、早めに当院内科にご相談ください。

 

Q: 胃腸炎の予防策はありますか?

A: 胃腸炎の予防には以下のような対策が効果的です。

  • 適切な手洗いを習慣化する。
  • 食品の適切な調理と保存を行う。
  • 感染した人との接触を避ける。
  • 感染が広がっている場所を避ける。
  • 旅行先での水や食品の衛生状態に注意する。

 

いかがでしたでしょうか。

腹痛や嘔気・嘔吐、下痢などにお悩みの方は、是非当院にご相談ください。

このコラムの監修者

頴川博芸 エガワ ヒロキ

浅草橋西口クリニックMo

【経歴】
2016年 東海大学医学部医学科 卒業
2016年 順天堂大学医学部附属静岡病院 臨床研修医室
2017年 順天堂大学大学院医学研究科医学専攻(博士課程) 入学
2018年 順天堂大学医学部附属順天堂医院 消化器・低侵襲外科
2021年 順天堂大学大学院医学研究科医学専攻(博士課程) 修了
2021年 越谷市立病院 外科
2022年 順天堂大学医学部附属練馬病院 総合外科・消化器外科
2023年 順天堂大学医学部附属順天堂医院 食道・胃外科
2024年 浅草橋西口クリニックMo院長就任

【資格】
日本専門医機構認定 外科専門医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
日本旅行医学会 認定医
東京都難病指定医
東京都認知症サポート医
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本温泉気候物理医学会
日本腹部救急医学会
日本大腸肛門病学会
順天堂大学医学部附属順天堂医院 食道・胃外科 非常勤医師

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME